犬が飼い主の布団で粗相をする理由は?絶対にやめさせる対策方法

犬 飼い主の布団 粗相

エリちゃん

先生!うちの犬が私のベッドで粗相をするんです。手軽に買い替えられるものじゃないからとても困っていて…どうにかなりませんか?

わんこ先生

犬が飼い主さんの布団に粗相をするというお悩みは結構相談されることが多いです。どうして布団で粗相をするのか?どうしたら粗相をしなくなるのか解決方法をご紹介していきましょう。

犬が飼い主の布団に粗相をする理由は?

手軽に洗えるものでもないし、買い替えをしやすいものでもないので、布団やベッドにおしっこなどの粗相をされてしまうと飼い主さんとしてはとても困りますよね(´・ω・`)

犬が飼い主さんや特定の家族のお布団に粗相をしてしまう理由としては大きく分けて下の2点が考えられます。

  • トイレが完璧でない
  • 犬の愛情表現
あとで、一般的に犬が室内で粗相をしてしまう原因やその対策方法もご紹介しますが、飼い主さんの「布団」に限定して粗相をする場合について見ていきたいと思います。

トイレが完璧でない

これは一般的に室内で粗相をしてしまう原因の一つでもありますが、そもそもトイレのトレーニングが完璧にできていない場合が考えられます。

トイレのトレーニングが完璧な状態というのは、子犬でも成犬でも、排泄をもよおしたときに自分でトイレの場所に行ってトイレシートの上で排泄ができる状態です。さらにいえば、飼い主さんのコマンドに反応して排泄ができることも必要です。

これは犬が、「排泄をするべき場所で排泄をする」ということを理解して行っているということです。

犬は大昔の野生時代には、寝ている近くで排泄をしてしまうと敵に見つかる恐れが高くなることもあって、寝床の近くで排泄をしないという習性を持っています。

逆を言えば、寝床の近くでなければ自分の気に入ったところならどこで排泄をしてもかまわないわけですから、トイレと言われるところで排泄をしなければいけないという概念そのものを持っていないんですね。

それを、トイレトレーニングで、犬にトイレでのみ排泄をしないといけないと教えるわけですが、これが完璧にできていないと粗相をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

ケージの中でならトイレが100%できるからトイレを覚えたと思ってしまう場合もありますが、寝床ではトイレをしないという犬の習性を利用しているだけであって、たいていの場合ケージの外では粗相をしてしまうことが多く、この場合もトイレが完璧とは言えません。

例えば、1ルームにお住まいとか、自分の部屋で犬を飼っているといった、トイレの場所に飼い主さんのベッドなどがある場合は特に、ベッドのシーツがトイレシーツと似ているとか、ふかふかしたところで排泄をすることが好きな子などは、飼い主さんの布団で排泄したいと思うことがあります。

飼い主さんの布団とトイレの位置が同じ部屋の場合は特にトイレトレーニングは完璧に行う必要があります。

犬の愛情表現

犬がおしっこをするということは、人間と大きく違って色々な意味があります。

おしっこをすることで自分の個人情報を他の犬に知らせることもできますし、相手に服従をしていることを伝えるといった感情表現にも使います。

体の中のいらない水分や老廃物を排出する行為だけではないんですね。

犬のおしっこにはこのように、「挨拶」や「感情表現」といった社会的な意味がありますが、感情表現として「愛情」を表現する場合もあります。

お気に入りの物や場所があると、そこにおしっこをかけて自分のにおいを付け、自分の物だと主張することもあります。

犬は、大好きな飼い主さんのにおいがついているものを欲しがることがよくあるんですが(飼い主さんの靴下とかスリッパなど)飼い主さんが寝ている布団には大好きな飼い主さんのにおいがたくさんついています。
※飼い主さんではなくても、犬は「たまらなくこの人のにおいが好き」ということもあるようです。

大好きなにおいだから独占したいけど、布団は大きくて運べないためそこにおしっこをして占有したいという行動をとっている可能性があります。

子犬の頃は、母犬にお腹を見せながらおしっこをすることで母犬に大好きという気持ちを伝える習性があります。

ですから、犬にとっておしっこをすることはただの排泄行為だけじゃなく、愛情を表現する行為だということも知っておいてもらいたいと思います。

特に、飼い主さんを見ながらおしっこをする行為は犬にとってとても強い信頼を表していると言います。

そのことを知らないで、自分を見ながら目の前でおしっこをするなんて!飼い主のことをなめてるの!?なんて思って叱ってしまったら、大変なことになってしまいます!

犬が抱いてくれていた強い信頼の気持ちはボロボロに壊してしまうので気をつけてください。

関連記事
ウソみたいに子犬がお利口さんになる特別な秘訣を大公開です!
ホント!?今からでもやんちゃな子犬にならないしつけ方があるの?

犬に飼い主の布団で粗相をさせないための対策

トイレのしつけができていない可能性がある場合には、トイレトレーニングをもう一度方法を見直してやり直してみるなどが必要になりますが、犬は愛情表現でおしっこをすることも知りました。

寝室が別室である場合は、寝室のドアを必ず占めるようにしておくことで、布団で粗相をされることもなくなりますが、同じ部屋にベッドがあったり、何らかの理由で寝室に犬が出入りできる場合もあるでしょう。

その場合には布団で粗相をさせないための対策をとる必要があります。

犬に飼い主の布団で粗相をさせないための対策としては

  1. 布団周りの環境を整える
  2. 犬との正しい生活の仕方を知る

この2つが有効な方法になります。

布団周りの環境を整える

既に粗相をされてしまっている布団はどうしても犬のおしっこのにおいがついてしまっています。

カーペットなどであれば、重曹を使ったりビネガースプレーを使って消臭する方法もありますが、敷布団の場合だとどうしても中綿にしみこんでしまって、中綿部分に匂いが残ってしまいます。

犬はおしっこの臭いがするところで排泄をするという習性があるため、敷布団に粗相をされてしまった場合は完全に臭いをとることは難しいです。

粗相をされたのは部分的だからと、一部分だけを濡らして洗ってみようとしても、敷布団の場合はさらにおしっこのにおいの範囲を広げるだけになり、また干しても中綿まで完全に乾燥させることは数日単位で見ていく必要があります。

あと、薄めの敷布団だから大型のコインランドリーで洗える大きさの場合であっても、大型のコインランドリーはペットの物やし尿がついたものは洗ってはいけないというルールがあります。

もし、粗相をされてしまったのが敷布団である場合は、臭いまできちんととってくれるようなクリーニングに出すか、買い替えを検討したほうが良いでしょう。

毛布や薄い肌掛けのようなものであれば、自宅の洗濯機で洗うことで抗菌消臭ができるので良いですが、羽毛布団の場合も要注意です。

厚めの羽毛布団を洗濯機で洗うのは大きさ的に難しいと思いますが、万一自宅で洗えたとしても羽毛が痛んでしまう恐れが高いです。

あと、臭いをとるために羽毛布団に熱湯をかけるということを書いているものもあるようですが、羽毛はタンパク質なので、確実に痛んでしまうので熱湯をかけることはやめたほうがいいです。

今ついてしまっている布団のにおいを一度リセットできたら、今度は布団に合わせて防水の布団カバーやシーツを使っておきましょう。

特に同じ部屋にベッドなどがあるお部屋で飼ったいる場合は、防水カバーは必須かもしれません。

ベッドに対応している防水ベッドカバーなどもあります。

防水タイプのカバーをしておけば、中までおしっこが染み込むこともないので、カバーを洗うだけで中のお布団を守ることができます。

飼い主さんのお布団で粗相をすることが癖のようになってしまっている場合は、ちょっと目を離したすきにお布団でおしっこをされることはどうしてもあるので、まずはお布団周りの環境を整えておくと良いでしょう。

犬との正しい生活の仕方を知る

犬との生活を送っているうちに、何となく犬と共同生活を送っているとか、犬に振り回されながら生活を送っているという飼い主さんがいらっしゃいます。

犬との生活は、普段から飼い主さんが主導でなんでも行うもので、犬に振り回されながら生活することはあまり望ましくはありません。

さらに、犬は一度覚えたからトレーニングは終わりではなく、毎日しつけのトレーニングを行うことで犬との信頼関係を高めていかないといけないものです。

犬にどんどん信頼されて、飼い主さんのことが大好きになるからこそ、「禁止用語」を使った時の効果が高まるんですね。

人間の子供に対しては「〇〇をしちゃダメでしょ!」といった禁止用語を使ってしつけをすることもできますが、犬に対しては基本的に禁止用語でしつけをするのではなくて、正しい行動ができるように誘導して褒めてその行動を定着させます。

犬に対して「ダメ!」「いけない!」と禁止用語を連発しても、犬に何がいけなかったのか伝わっていないことも多く、犬はいけないことを理解するのではなく叱られていることに恐怖を覚えます。

恐怖の対象である飼い主さんに信頼の気持ちは持つことがむずかしいですし、正しく禁止用語を使えていない状態といえます。理想とする主従関係と逆行してしまうんです(´・ω・`)

イヌバーシティでは、犬への伝え方とかダメの教え方といったコンテンツも充実しているので、そちらをご視聴いただくと、心底納得し飼い主として正しく行動をしていただけると思いますが。。。

犬からの信頼を得て、理想的な主従関係を築けると、犬は飼い主さんが喜ぶ行動をしたいと考えるので、飼い主さんの「禁止用語」の効果が絶大になるんですね。

犬との生活で、もう一つ気にしていただきたいことが、犬と遊ぶ時間をちゃんと作っているか?ということです。

お散歩や自由に遊ばせているのとは別で、飼い主さんが愛犬のために時間を使って体を使ってちゃんと遊ぶ時間が持てているかを見直してみてもらえると良いと思います。

犬と遊ぶ時間というのはとても大切で、イヌバーシティでは犬との遊び方だけで1つのコンテンツが用意されています。

ちゃんと犬と遊ぶ時間を作っていなかったという場合は、この機会に見直していただいて遊ぶ時間をしっかり設けると、犬に「大好きな飼い主さんが嫌がるから布団でおしっこをしない!」という気持ちにさせやすくできます。

犬と一緒に同じ布団で寝ている場合は?

犬と一緒に同じ布団で寝ている場合は、ベッドから降りてトイレに行くのが間に合わないとか、寝室が暗くてトイレに行けなかった、シーツの足触りがペットシーツに似てい手勘違いをしたなど、犬が飼い主さんのお布団で粗相をしてしまう可能性が高くなります。

犬は基本的に自分が寝ている寝床では排泄をしませんが、飼い主さんと一緒に寝ているお布団は広いので、自分が寝ているところから移動して、少し離れたところで排泄をすれば問題ないと考える可能性があります。

布団周りの環境を整えることや、犬との正しい生活の仕方を知ることが対処法になることは同じなんですが、現在同じ布団で寝ていて、犬が布団に粗相をしてしまっている場合はちょっと見直したほうが良いかもしれません。

犬と一緒に寝るメリットとデメリット

かわいい愛犬と一緒に寝るということは、愛犬家の夢でもあるでしょう。

犬と一緒に寝ることは大きなメリットがありますが、同様にデメリットもあります。

<メリット>

  • アニマルセラピーで得られるようなストレス解消
  • 群れで生活していたため一緒に寝ることは仲間という思いが強くなる
  • お互いのきずなや信頼感が深まる
犬から感じられるぬくもりや、一緒に眠る安心感、愛するものを手元に置いておける幸福感などから、昼間に感じたストレスを解消し、癒してくれる効果は抜群だと思います。

さらに、犬の方も群れで生活をしていた時のことは本能に刻まれているので、一緒に眠るのは仲間だと認識しやすくなり、お互いの絆も信頼感も深まることは実際にあります。

私のご相談者の中にも、一生懸命にかわいがっているつもりでも叱ることが多かったため、今一つ絆を感じられなかった方が、犬と一緒に寝られるようになったら不思議とお互いに絆を感じられるようになったとお喜びだったことがありました。

お互いに癒し合って、絆を深められるんですから良いことだらけのような気がしますが…

残念なことにデメリットもあるんです。

<デメリット>

  • 人獣共通感染症にお互いにかかる危険
  • 主従関係ができていない場合に起こる問題
  • ケガをしてしまう恐れも
人間がひいた風邪は犬にうつることはありませんが、犬から人間に感染する危険がある病気はあります。(人獣共通感染症)

寄生虫病の回虫症や鞭虫症、こう虫症、線虫が寄生するフィラリア症などは犬が感染すると人間にも感染する恐れがあり、人間が発症すると発熱や咳、下痢、皮膚炎など感染した寄生虫によって様々な症状があらわれます。

また、犬と飼い主さんの間に正しい主従関係ができていない場合は、犬の精神的な自立を邪魔して飼主依存を強めてしまったり、犬の権勢本能を強めてしまってベッドを自分のテリトリーと勘違いしてしまうこともあります。

飼い主さんの寝相が悪いと、寝返りをうったときに犬に覆い被さって窒息させてしまう恐れもありますし、犬がベッドから落ちてケガをしてしまう危険もあります。

犬と一緒に寝るためにできているべきしつけ

犬と寝るデメリットを理解したうえで、それでも一緒に寝たい・一緒に寝ても大丈夫という場合は、犬にちゃんとしつけができているかどうかを確認してみてください。

犬と一緒に寝るために必要なしつけは

  • 寝室内(あるいは近く)にあるトイレで排泄ができる
  • 「どいて」「おりて」などベッドから降ろすコマンドに従える

この2つは必須になります。

犬が布団で粗相をしてしまわないためにも、寝ている場所から少し離れた場所にトイレを設置し、排泄がしたくなったらちゃんとトイレの場所まで行って排泄ができないと衛生上の問題にもなります。

また、犬が布団を自分のテリトリーだと勘違いしないためにも、飼い主さんが「どいて」と言ったら、速やかに布団から出るというコマンドに従えるようにしておいてください。

一般的に犬が粗相をしてしまう原因と対策

生活の環境はそれぞれですが、犬が生活している空間にベッドなどがあると、布団を狙って粗相をしているわけではないけど、粗相をした場所が布団だったということも起こる可能性があります。

一般的に犬が粗相をしてしまう原因と、その対策についてもご紹介しておきたいと思います。

犬が粗相をしてしまう原因は

  • トイレで排泄することが理解できていない
  • 自分のおしっこの匂いがするから
  • 八つ当たり行為
  • トイレの環境が気に入らない
  • ストレスを感じている
  • 病気のため
この6つが主な原因となります。

子犬の場合は、激しく興奮したり、とても嬉しいと思ったときなどにおしっこをしてしまうことがありますが、これは粗相とは違って、尿道括約筋がまだ発達していないためおしっこが出ちゃったという状態です。

嬉しょん」などとも呼ばれますが、これは犬が排泄をしたくて行っている行為ではないので、決して叱らずに速やかに掃除をしてあげてください。

トイレで排泄することが理解できていない

先ほども触れましたが、犬にトイレで排泄をしなきゃいけないことを教えるのは難しいことではあるんですね。

犬の方は、自分の好きなところで排泄をすることは自然なことなので粗相をしたとは思っていません。

そんな彼らにトイレで排泄をするように誘導するためにはポイントをおさえて行っていくことが重要です。

トイレトレーニングを成功させるためのポイントは、トイレの失敗を極力させないことと、排泄したタイミングを逃さずに褒めること、あと犬が褒められて嬉しいと感じさせることです。

この3つが揃って初めて、犬のやる気スイッチを押すことができ、トイレで排泄しよう!と思わせることができます。

現在、犬が粗相をしてしまっている場合は、もしかしたら今行っているトイレトレーニングのやり方が犬にとってわかりにくい方法で、犬にちゃんと伝わってないのかもしれません。

イヌバーシティのやり方は、3つのポイントがしっかり押さえられているので、非常に犬にわかりやすく伝えられる方法なので試してみる価値があると思います。

また、トイレトレーニングの最中に、粗相をしてしまった犬に対してカッとなって強く叱ってしまった場合も、犬は粗相をすることが増えてしまいます。

例えば、トイレシートからはみ出しておしっこをしてしまったとか、前足だけトイレシートに乗せておしっこをしてしまった場合などは、やはり飼い主さんが掃除をしないといけなくなります。

数回なら叱ることなく掃除ができると思いますが、それが頻繁にあると飼い主さんもストレスがたまってしまってカッとなってしまうかもしれません。

ただ、ここで犬を叱ってしまうと、犬は「ここでおしっこをしたから叱られた?」とか、「おしっこはしてはいけないの?」と誤解することがあります。

すると、犬にとって叱られることは怖いことなので叱られないようにもっと隠れた場所でおしっこをするようになってしまいます。

粗相が重症化する原因ですので、犬の粗相に対しては絶対に叱らないようにしてください。

※粗相をしたところに犬の鼻を押し付けて叱るということは言語道断で、最もしてはいけないことです。

自分のおしっこの匂いがするから

先ほど少し触れましたが、犬は排泄する前にクルクル回る仕草をすることがあります。あれは野生時代の名残で周りに敵などがいないか確認する行動です。

排泄をするときは無防備になりますので、安全を確認できたところで排泄をしようとします。

一度、排泄が無事にできた場所というのは犬にとって安全な場所ということですので、自分のおしっこの匂いがするところで排泄をしたいと思う習性を持っています。

トイレで排泄をしなきゃいけないことが十分に理解できていない場合は、自分のおしっこの匂いがついている場所で再びおしっこをしてしまいやすいんですね。

だから、粗相の掃除の時は十分におしっこの匂いが消えるように気をつける必要があります。

おしっこをしてしまったところに、重曹スプレーとビネガースプレーをかけて消臭したり、市販の消臭スプレーが使えるところはそういったものを使ってにおいを消すようにしてください。

八つ当たり行為

犬が八つ当たり?と思ったかもしれませんし、やっぱり八つ当たりをするんだ!と納得された方もいらっしゃるかもしれませんが、犬は飼い主さんに八つ当たりをすることがあります。

犬の噛み癖について解説されているサイトにもありますが、犬は「八つ当たり噛み」と言って、攻撃したい対象物に手が届かないときに近くにいる飼い主に攻撃をすることがあります。

噛んで攻撃するほどではないけど、お風呂など苦手なケアをされた後や、長時間やりたくないことを強要されたときなどに、わざとトイレじゃない所でおしっこをします

犬にとっては八つ当たりではなくて、飼い主さんに対する抗議の表れなのかもしれませんが、八つ当たりでも抗議でもされないためには、苦手なケアは短時間で済ませたり、無理矢理行わないで慣らしてから行うことが必要になります。

トイレの環境が気に入らない

犬は非常にデリケートな部分があるので、トイレの環境が気に入らないとトイレでしたがらなくなります。

例えば、トイレまわりが汚いとか、トイレシーツが汚い・ビチャビチャしているなどは、トイレを嫌がる筆頭にあげられます。

それ以外にも、犬には足裏に素材嗜好性があるので、トイレシーツの踏み心地が悪いという理由でもトイレでしたくなくなる子もいます。

野生時代には草が茂ったところで排泄をしていたため、ふかふかしたところを好む傾向があると言われていますので、あまりに薄っぺらい感じのトイレシーツだとトイレとして気に入らなくて粗相をしてしまう犬もいます。

トイレの近くにお風呂用のマットがあるとか、絨毯のようなものがあると、トイレシーツよりもふかふかしているそちらを好んで排泄をしてしまうこともあります。

このようにトイレシーツが気に入らないというほかに、トイレの場所が気に入らないことも考えられます。

寒い、暑いはもちろんですが、廊下などの落ち着かない場所も嫌がりますし、何かが反射して光が当たっている・嫌いな音がするという理由の場合もあります。

トイレは壁際などに設置することも多いと思いますが、壁が近いことで圧迫感を感じてその場所を嫌がる子もいます。

これも野生時代の名残かもしれませんが、昔は排泄中の無防備なところを敵から襲われると命にかかわったので、排泄前には安全を良く確かめて、見通しの良いところを好んで排泄をしていたといいます。

ですから、壁から近いとか、狭い場所での排泄を嫌がる場合があるんですね。

トイレの近くでおしっこをすることが多い場合は、トイレシーツやトイレの位置を見直してあげると、粗相をしなくなることがあります。

ストレスを感じている

犬は人間同様にストレスを強く感じる動物です。

特に、犬は犬社会で自由に生きているわけではなく、人間社会のルールに従うことを強要されているので、ただでさえストレスがたまりやすい状況で生活をしていると言えます。

また、犬は私たちの想像以上に恐怖を感じやすいので、叱られることが多かったり、怖いと思っているのになかなか飼い主さんがそれを排除してくれない場合なども大きなストレスになります。

強いストレスを感じると、犬も自律神経のバランスが崩れるので、今までできていたことができなくなってしまうことがあります。

これらのストレスによる心身の不調が粗相に繋がってしまうこともありますが、それ以外にも飼い主さんの愛情が不足しているときや心の病気になっているときもストレスだと感じて粗相をしやすくなります。

飼い主さんが仕事に忙しくて遊んでくれないとか、新しい家族が増えて飼い主さんの注目が移ってしまったときなどに、自分の方に関心を向けたくて粗相をすることもあります。

あとは、分離不安という飼い主さんに極度に依存している心の病気になってしまっているときに、1人でお留守番をさせられたときなどに粗相をしてしまうことがよくあります。

分離不安の特徴は、飼い主さんと一緒にいる時は何の問題行動もないけど一人にされると問題行動を起こすことです。

飼い主さんに依存してしまっている犬は、一人にされることに対して過度の不安や恐怖を抱いてしまうため心のバランスを崩してしまいます。

恐怖心を紛らわすことを目的として粗相をしているという考え方もありますが、恐怖ゆえにおしっこを漏らしてしまう失禁の状態である可能性もあります。(便を漏らしてしまうこともあります)

ストレスを感じて粗相をする場合は、そのストレスを取り除いてあげることが対処法です。

犬が何に対してストレスを感じているのか?最近の愛犬の環境に変化はなかったか?、愛情は十分に伝えられているか?などを見直して善処してあげましょう。

病気のため

腎臓・輸尿管・膀胱・尿道が泌尿器の構造ですが、泌尿器は血液をろ過し体内で不要になった老廃物を尿中に排出する器官になっています。

この中で、腎臓と膀胱が病気になると、多飲多尿や頻尿などの症状が見られておしっこが極端に近くなったり回数が増えて、トイレまで間に合わなくて粗相になってしまうことがあります。

腎臓の病気でいうと、腎盂腎炎間質性腎炎などは多飲多尿の症状が見られますし、膀胱の病気だと膀胱炎尿路結石症は頻尿の症状があります。

あと、泌尿器以外でもホルモンの異常からもおしっこの回数が増える病気があります。

糖尿病や上皮小体機能亢進症、副腎皮質機能亢進症、尿崩症は多飲多尿の症状が見られますので、おしっこの回数が増えたり、飲む水の量が増えた場合は病気を疑って動物病院を受診したほうが良いでしょう。

最後に

最後までお読みいただいて本当にありがとうございました。

犬の粗相から飼い主さんのお布団を守るための防水カバーなどは、大きさなどにもよりますが、シングルサイズで3000円~4000円くらいでありました。

布団の丸洗いは1枚5000円から7000円くらいで見つかります。

このお値段は楽天で「防水布団カバー」「布団クリーニング」で検索してたくさんでてきた中からざっと見たお値段なので、ちゃんと調べればあなたのご希望に合うものが見つかると思います。

愛犬と一緒に寝ているとかこれから一緒に寝たいと思っている場合などは、念のために防水カバーにしておくと万が一粗相をされたときのことを考えたら気持ち的に楽かもしれません。

犬は賢いがゆえに、繊細な感情を持っていたり、多くのストレスを抱えやすい動物です。

かわいい愛犬が人間社会でストレスを抱えることなく、楽しく安心して生活ができるようにしてあげることが本来の「犬のしつけ」です。

犬のしつけはトレーニングを通して行っていくので、そのトレーニング方法によっては犬に伝わりにくかったり、犬に間違って伝わってしまうこともあるので気をつけたいところです。

ぜひ、あなたもあなたの可愛い愛犬も毎日の生活をストレスなく楽しく過ごせることを心から願っています。

当サイト限定特典をプレゼント!

しほ先生との音声対談の限定特典をプレゼントします!教材には書かれていない効率よく訓練するために気を配ると良いことやしつけでうまくいかないときにすると良いことなどなど愛犬家のみなさまにとって、効率的にしつけができるようになる「虎の巻」といった内容です!

公式サイトを見る

お手続きのご不安を解消させていただくために「ご購入までの流れ」をご用意しております(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です